ホーム

民宿施設

見どころ

聞きどころ

システム

        

ご予約

アクセス

古民家民宿廿四代

 民宿は明治初期に建てられた当家の母屋で、築150年の本格的な古民家です。平屋建てですが、現代の3階建てほどの高さがあります。当家は2度の火災に見舞われており、再建するたびに大きさが半分になったと伝えられていますが、現在の床面積でも80坪ほどあるので、真偽のほどはわかりません…。 宿泊室からは、写真奥に見える白鷹山を借景にした日本庭園が一望できます。 白鷹山は虚空蔵山とも呼ばれ、山頂には、日本五大虚空蔵...

続きを読む

民宿施設

民宿は幹線道路から離れた高台にあります。一番近い隣家でも100mほど離れているので、屋外リクリエーションも気兼ねなく楽しんでいただけます。 平屋建てですが現代の3階建てほどの高さがあります。宿泊室からは日本庭園が一望できます。 詳細はこちら。 玄関の左手から1間幅の廊下が続いています。 宿泊室は8畳、6畳、4.5畳の3室で、すべて畳敷きです。 居間と茶の間はどちらも囲炉裏があって、お食事や団らんの場として利用で...

続きを読む

ごあいさつ

漆山 芳郎

owner 漆山 芳郎

 安土桃山時代の天正年間から430年余り続く漆山家24代当主です。
 古民家リゾート廿四代(にじゅうよんだい)は、築150年の民宿(古民家民宿廿四代)と民宿を取り囲む施設や自然環境の総称です。
 コンセプトは「歴史ある古民家と周りの自然を独占できるプライベートリゾート」。ご家族で、気の合うお仲間で、思いおもいのリゾートライフをお楽しみください。そして、”時の流れが置き去りにしたもの”をみつけてください。

*現在、開業に向けて準備中です。開業日が決まり次第お知らせします。

 古民家リゾート廿四代
 (古民家民宿廿四代)
  〒992-0581
  山形県南陽市小滝1603番地

 ”廿”について
 名前とコンセプト

問い合せ

お名前:
メールアドレス:
件名:
内容: