ホーム

民宿施設

見どころ

聞きどころ

システム

        

ご予約

アクセス

 石畳の坂を上ると門があります。門の上には、まるで忍者が隠れていそうな10畳ほどの部屋があって、梯子で昇り降りするようになっています。このような門を櫓門(やぐらもん)といい、戦国時代に城を守るために設けられていました。名城の門のような豪華さはありませんが、先祖が武士だったことを考えれば同じ役割を担っていたのかもしれません。 昭和30年代のはじめ、当家には「若い衆(わがえす)」と呼ばれる数人の使用人の方...

続きを読む

”廿”について

 廿四代の”廿”は漢字の十が2つくっついた昔の書き方で、これ一つで「にじゅう」と読みます。ほとんどの人が読めないと思われる廿の字をあえて使うことにしたのは、先祖が書き残したものによくみられる文字だからです。先祖をリスペクトする意味を込めてこの字を使うことにしました。 名前とコンセプト...

続きを読む

ごあいさつ

漆山 芳郎

owner 漆山 芳郎

 安土桃山時代の天正年間から430年余り続く漆山家24代当主です。
 古民家リゾート廿四代(にじゅうよんだい)は、築150年の民宿(古民家民宿廿四代)と民宿を取り囲む施設や自然環境の総称です。
 コンセプトは「歴史ある古民家と周りの自然を独占できるプライベートリゾート」。ご家族で、気の合うお仲間で、思いおもいのリゾートライフをお楽しみください。そして、”時の流れが置き去りにしたもの”をみつけてください。

*来春の開業に向けて準備中です。開業日が決まり次第お知らせいたします。

 古民家リゾート廿四代
 (古民家民宿廿四代)
  〒992-0581
  山形県南陽市小滝1603番地

 ”廿”について
 名前とコンセプト

問い合せ

お名前:
メールアドレス:
件名:
内容: