ホーム

民宿施設

見どころ

聞きどころ

システム

        

ご予約

アクセス

釿削りの柱

 民宿内の黒光りする柱をみると、鉋(かんな)で平らに仕上げられたもののほかに、彫刻刀で削ったような表面に凹凸のある柱があります 。これは、鉋が普及する前に使われていた、釿(ちょうな)という大工道具で削られたものです。 当家は過去に2度ほど火事で焼けているので、釿削りの柱は焼け残った古材を再利用したものと思われます。家族が使う居間や土間の柱に多いのがその証しでしょうか。...

続きを読む

ごあいさつ

漆山 芳郎

owner 漆山 芳郎

 安土桃山時代の天正年間から430年余り続く漆山家24代当主です。
 古民家リゾート廿四代(にじゅうよんだい)は、築150年の民宿(古民家民宿廿四代)と民宿を取り囲む施設や自然環境の総称です。黄色で囲んだ農地や森林は私有地で、総面積は東京ドーム12個分。コンセプトは「歴史ある古民家と周りの自然を独占できるプライベートリゾート」です。
 ご家族で、気の合うお仲間で、思いおもいのリゾートライフをお楽しみください。そして、”時の流れが置き去りにしたもの”をみつけてください。

*現在、開業に向けて準備中です。開業日が決まり次第お知らせします。

 古民家リゾート廿四代
 (古民家民宿廿四代)
  〒992-0581
  山形県南陽市小滝1603番地

 ”廿”について
 名前とコンセプト

問い合せ

お名前:
メールアドレス:
件名:
内容: