ホーム

民宿施設

見どころ

聞きどころ

システム

        

ご予約

アクセス

漆山家の歴史(3) 「慶長出羽合戦」

 慶長5年9月、”関ヶ原の戦い”で徳川家康側の東軍と石田三成側の西軍が対峙していたまさにその時、現 山形市南部の長谷堂地区を舞台に、東軍の総大将 最上義光と、西軍を率いる上杉家家臣 直江兼続が死闘を繰り広げていました。後に”慶長出羽合戦(長谷堂合戦)”と呼ばれる東北有数の戦です。
 関ヶ原の東軍の勝利が伝わると優勢だった上杉軍は撤退しますが、上杉の大軍の猛攻を防いで山形の本城と町を戦火から守った長谷堂城主 志村伊豆守光安(しむらいずのかみあきやす)は、最上軍の名将の筆頭に挙げられています。

 長谷堂合戦図屏風/右隻(長谷堂城を攻撃する直江兼続)
長谷堂合戦右隻

 当家がある南陽市小滝(当時の小瀧村 )は長谷堂城までの距離が10kmほどで、当時の米沢領のなかでは戦場に最も近い場所の一つです。初代が小瀧村に移り住んだのが天正年中(1573~1592)、没年が慶長13年(1608)なので、合戦があった慶長5年(1600)にこの地で生きていたことは確かでしょう。

 しかし、初代はこの合戦に参陣していませんでした。東置賜群史には、敵将の最上義光が元の主であることから出陣を免れたと記されています。そのかわり、旧知の山形城や周辺の城のことを尋ねられ、詳しく説明したとあります。また、合戦終結後には上杉と最上との和睦交渉に関わり、後年、その恩賞として上納金等の一部免除と、名字帯刀の上となる馬上(馬に乗ること)を許されています。
 同史によると、前出の志村伊豆守は当家の縁者(親類)で、そのため和睦交渉に選ばれたようです。伊豆守が初代と同じ山形市北部の漆山地区の出と推察されていることは、両家が親類関係だったことを裏付けているのかもしれません。