ホーム

民宿施設

見どころ

聞きどころ

システム

        

予約

アクセス

漆山家の歴史(3) 「慶長出羽合戦」

 慶長5年9月、”関ヶ原の戦い”で徳川家康側の東軍と石田三成側の西軍が対峙していたまさにその時、現 山形市南部の長谷堂地区を舞台に、東軍の総大将 最上義光と、西軍を率いる上杉家家臣 直江兼続が死闘を繰り広げていました。後に”慶長出羽合戦(長谷堂合戦)”と呼ばれる東北有数の戦です。

 長谷堂合戦図屏風/右隻(長谷堂城を攻撃する直江兼続)
長谷堂合戦右隻

 当家がある小瀧村(現 南陽市小滝)は、主戦場となった長谷堂城までの距離が10km足らずで、当時の米沢領のなかでは最も近い場所の一つです。初代が小瀧村に移り住んだのが天正年中(1573~1592)、没年が慶長13年(1608)なので、合戦があった慶長5年(1600)にこの地で生きていたことは確かでしょう。しかし、初代はこの合戦に参陣していません。

 言い伝えによると、時の米沢藩主 上杉景勝は初代が最上の家臣だったことに配慮して、「元の主君と刀を交えさせるのは忍びない」と出陣を命じなかったとのこと。その実、合戦のさなかに寝返られてはかなわないと思ったかどうかはわかりませんが、当家では上杉の美談として語り継がれています。