ホーム

民宿施設

見どころ

聞きどころ

システム

        

ご予約

アクセス

“かなちょろ”の挨拶

出会い
 最初に彼(彼女だったらごめん)に会ったのは2019年8月初め。いつものように朝出勤して南側のドアを開けて入ろうとしたときです。ドアの右側から小さいものが走り出しました。そいつは、ドアと反対側の古材置き場の前で一旦立ち止まって私の顔を見たあと(そう思いました)、古材の間に消えて行きました。
 “かなちょろ”でした(この辺では小さいトカゲのことを“かなちょろ”といいます)。そのときは、「人間が入ってくると思わなかったんだろうな、もう二度と現れることはないだろう。」と思いました。
トカゲ1

ミステリーサークル
 ふと彼が走り出したあたりをみると、そこだけ土間としてはサラサラな土なんですが、まるでUFOが付けたミステリーサークルのような大小の円形模様が描かれています。「もしかすると…?」と思いましたが、かなちょろがミステリーサークルを作るなんて聞いたことがないので、何かの偶然だろうぐらいにしか考えませんでした。しかし、その後何度ホウキでならしても、中心に小指ほどの太さの穴があるアリジゴクのような円い模様ができるのです。かなちょろの家の出入り口?まさか…。
かなちょろの入り口


再会
 その後、二度彼に遭遇。二度目の8月27日は良く晴れた日でした。日向ぼっこをしている彼はかなり近づいても逃げません。体長およそ15㎝、全体が地味な薄茶色で、体の横に黒のラインが入ったシックな装いです。彼の写真を撮ってググってみると「ニホントカゲ」の成体とのこと(幼体は瑠璃色に輝く)。さらに検索すると、生息地と目と鼻の間の模様から「ヒガシニホントカゲ」という種類のようです。
 コンクリートの割れ目を出たり入ったりした後、勝手口の引き戸のレールに右足(後肢)を乗せ、両手(前肢)と左足を後ろに伸ばした超リラックススタイルで30分以上もフリーズ。まるで休日の朝のどこかの奥様のようです。気がづいたら、彼に話しかけている自分がいました。そのうち見えなくなりましたが、彼が近くに住んでいるのは間違いありません。今度会ったら、名前で呼んでやろうと思います。「おはよう!”そのまんま”」。(そのままの姿勢で動かない東日本トカゲと“そのまんま東”を掛けて命名)
トカゲ2

かなちょろの挨拶
 残暑厳しい9月10日の午前11時、その信じられない出来事は起きました。
 母屋南側の軒下で仕事をしていたときです。ふと視線を感じて(本当です)振り返ると、そこには50cmほど離れたところで私を見上げる彼がいました。2週間ぶり4度目の対面です。元気そうな様子にホッとすると同時に、今度会ったら名前を呼んで挨拶しようと思っていたので、驚かしてしまうかなと思いながら声を掛けました。「おはよう!そのまんま」。
 次の瞬間、私は目を疑いました。彼が私の方にちょろちょろと近づいて来たのです。一瞬「ヤバイ…」と思いましたが、かなちょろに噛まれたという話は聞いたことがないので、そのまんま(そのまま)じっとしていました。彼は私の右の靴に触れそうなほど近づいて、私を見上げながら(たぶん)ちょろっと舌を出したあと、おもむろに瓦礫の間に消えて行ったのです。この地で生まれ育ちあらゆる生き物と遊んだ私ですが、人間を認識しながら近づいて来た爬虫類はみたことがありません。私は確信しました。彼は私に挨拶を返したのです。「友達になってもいいよ!」と。
関連記事